Pagelist
オフィスで見かけるアレを大調査!

名刺入れの予備をオフィスにおいておく

仕事をするようになると、多くの人が名刺も持っています。初対面の人との名刺交換は、それ以降ビジネスをしていくうえで重要です。そんな名刺ですが、持ち歩く時には名刺入れを使用します。名刺入れにはいろいろなデザインのものがあり、価格も100円程度の安いものから非常に高級なものまであります。名刺交換の時にポケットから直接名刺を出すのはあまり良い印象を受けません。また、相手からいただいた名刺も大切にしているという意味で名刺入れに入れて持ち帰るのが良いでしょう。しかし、人間は時に忘れ物をします。普段スーツなどに入れていると、スーツを交換した時に忘れてしまうこともあります。そのような事態に対応する方法としては、オフィスに予備の名刺入れをおいておくことをお薦めします。普段から予備があると思っていれば忘れた時に慌ててしまい、仕事に支障をきたす心配もありません。

実際に名刺入れを購入するとなると、実にいろいろなものが販売されています。新入社員などの場合は無理をして高いものを購入する必要はありません。ただし、安いものの場合、デザインが奇抜なものも売られていることがありますが、最初のうちは無難なものを選ぶとよいでしょう。名刺交換をする時には相手に名刺入れを見られるため、それをきっかっけに話を広げられる自信があれば別ですが、そうでない場合は常識の範囲内のものを使用する方がよいと思います。仕事に慣れて、ある程度ベテランになると名刺入れも良い物が欲しくなる人が多いようです。革製のものでも、価格がそれなりのものは耐久性が高く、使用を重ねていくと独特の味のある感じになるものなどもあります。女性の場合は女性専用のものも販売されています。

関連記事・情報

Copyright (C)2019オフィスで見かけるアレを大調査!.All rights reserved.