Pagelist
オフィスで見かけるアレを大調査!

オフィスでは意外と高い名刺入れの重要性

名刺は本来は地位の高い人しか持つことが出来ないとされていたようです。基本的には目下の人が目上の人に出すものだそうなので、営業などで訪れた会社では訪問した人が先に名刺を渡すのが常識です。名刺交換をしてすぐに名刺入れなどにしまうのは失礼とされているようで、暫くテーブルの上などに出したまま話す場面も多く見られます。しまうタイミングも良くわかりません。暫くしたらそっとしまうのが自然な用ですが、初対面の方で名前も覚えていない場合はやはり出しておいたほうが無難でしょう。名刺入れも意外と他人からよく見られているものだと思います。おしゃれな身なりをしていても名刺入れがぼろぼろだったり、安っぽいものをつかっているとイメージダウンになりかねないと思います。

私もオフィスで働いていた時に名刺入れを見てびっくりしたことがあります。キャラクターがデザインされた名刺入れやステッカーが貼られていたりして、意外性にびっくりしたというよりもその人自体の人間性を疑ってしまったことすらあります。初対面の人に見られるのが名刺入れですから、上質のものを持つことをお勧めします。大人らしく、きちんと見えるデザインや素材選びが大切だと感じます。定番のものは長く使えますし、安心感も高いと思います。私も将来子供達にはこのようなビジネスの常識もしっかり知って欲しいと思いますし、恥ずかしくないように教育もしたいと思います。名刺入れを子どもにプレゼントするのも良いかも知れません。あまり重要だと思われていないような気もしますが、職種によっては多用しますし重要な存在だと思います。

Copyright (C)2019オフィスで見かけるアレを大調査!.All rights reserved.