Pagelist
オフィスで見かけるアレを大調査!

オフィスで見かける主な名刺入れの各素材の割合と平均価格

名刺入れは、実は様々な素材が存在します。一般的には、革製の名刺入れが最もポピュラーです。ですが同じ皮でも合成皮革という素材を用いているタイプも有ります。革だけではありません。アルミ製の名刺ケースも存在するのです。他にもプラスチックやナイロンなどで作られているケースなど、その素材は実に様々です。

ところで名刺ケースの素材の中では、最も多いのは革です。とある通販サイトでは38000件前後のケースが販売されているのですが、それらの内の25000件前後は革製の名刺ケースなのです。つまり、約7割ものケースが革製という訳です。ちなみに、同じ革でも合成皮革は1200件前後なのです。わずか3パーセント前後という割合になりますので、やや珍しい素材という事になります。次にアルミ製の名刺ケースは2200件前後です。割合は6%前後となります。ですが、これでも全素材の中では2番目に多い件数なのです。いかに革製の名刺ケースが多いかを物語っているとも言えます。そしてプラスチック製とナイロン製の名刺ケースは、それぞれ250件前後と240件前後となっています。どちらも1%にも満たない数字という事になります。すなわちオフィスでプラスチック製とナイロン製の名刺ケースを見かけた時には、かなり珍しい製品という訳です。

それでは、その最も多い革製の名刺ケースの値段はどれ位なのでしょうか。上記の通販サイトにてアトランダムにピックアップをしてみますと、2800円前後と4700円前後と3000円前後と9000円前後と1000円前後という数字データが見られます。これにより平均値を算出しますと、4100円前後という値段が革製の名刺ケースの相場という事になります。以下同様の方法によってそれぞれの平均値を調べてみると、合成皮革は大体3200円前後でアルミ製は2100円前後でプラスチック製は1500円前後でナイロン製は2600円前後という数字データが見られます。ただし、いくつか商品を見ていくとだんだん値頃感なども把握できるものです。それぞれの名刺ケースによって機能なども異なりますので、使い勝手や値頃感などで総合的に判断するのが良いかと思われます。

関連記事・情報

Copyright (C)2019オフィスで見かけるアレを大調査!.All rights reserved.